交通事故で後遺障害と認められると、等級が認定されます。
等級というのはその方の障害の内容や程度を数字で表すもので、1級から14級まであります。
数字が小さい方が障害としては重度に認定されていて、1、2級は要介護認定の有無で2段階に分かれるため障害のランクは全部で16あります。
交通事故の被害者は被った損害分の賠償金を相手に請求でき、後遺障害が残ってしまう症例では障害分の慰謝料・逸失利益という項目で賠償請求できます。
これらの障害に関連する賠償金の額は、障害の認定等級を基本に算定されることになっています。
ですから、障害にまつわる部分の損害賠償請求をする場合は最初に障害の等級認定を反省する必要があります。
障害の等級は自賠責保険の審査会が認定しますので、医師の発行する診断書はじめ指定の書類を整えて審査会に申請します。
この認定申請には、二通りの方法があります。
ひとつは事前認定といって加害者サイドの保険会社に全て委託するやり方です。
もうひとつは被害者請求という方法で、被害者自分で申請手続きをとります。
事前認定では被害者としてはすることがないので煩雑さはありませんが、申請の経過などを見ることができないので認定された等級に不透明さを感じる可能性もあります。
交通事故の後遺障害の等級は請求できる賠償金の額を左右する大切なものなので、弁護士のサポートを得て被害者請求で手続きをし内容を把握しておくことがポイントです。



メニュー

ページのトップへ戻る